強く打てばパターが上手くなる?|『ゴルフは気持ち』研究

パターを上手く打つコツといえば、

  • 43センチオーバーするのがちょうど良い
  • 届かないと入らない
  • ジャストタッチが一番よく入る
  • 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す
  • パンチを入れてはいけない

等等・・・

色々なコツがありますね。結局オーバーさせるのか、ジャストタッチで打つのか、どちらが正しいのでしょうか?

私は今年に入ってからパターが絶不調で、以前よりもパターだけで5打は増えている状況。どうにか元に戻そうとしています。

ということで、最近はゴルフのコースマネジメント、メンタルなどの本を読んでいます。漫画「ゴルフは気持ち」もその1つ。昭和から続く名作で、何十年に渡りゴルファーは同じことを考えているんだな・・・ということを思い知らされます。

本日はその中の一冊から、まさに多くの人が悩むパターの強弱をテーマにした話しと、自分に照らし合わせたお勉強の記録を残したいと思います。

 

『ゴルフは気持ち 攻めのゴルフ編』第5話「パットの強弱」のあらすじ

漫画の主人公は、神田まさしことカンちゃん。この漫画と共に徐々に成長しハンディキャップを減らしていくサラリーマンゴルファー。この日のラウンドは、伊東さんという、ショットはかなり慎重ですが、何よりもパットが上手い人から、カンちゃんがどうやってパターが上手くなったのかを聞き出すエピソードです。

パット上達の取り組み オーバーに打つのとジャストタッチの実験

伊東さんはぴったりの距離で打つのと、オーバーに打つのはどちらが入るのかの実験をしてみることにしたそうです。

まずはぴったり、ジャストタッチで5ラウンド。絶対にオーバー、ショートしないようにです。この時は、ほとんどのパットでショートをしてしまったのが5ラウンドした結果でした。

次の5ラウンドでは全てのパットをオーバーめに打つこととし、目安は1メートルオーバー、ただし2メートル以内のパットは50センチ以内に、することとしました。この結果、初めのうちはロングパットが台オーバーして3パットが増えてしまったが、ショートパットの入る確率が高くなったといいます。

5ラウンドの結果をジャストタッチとオーバー目で比較すると、

ジャストタッチの場合は、35-40パットの間で良かったり悪かったりですが、オーバー目に打った場合は、最初は42パットですが徐々に良くなり、最小30パットとなっています。

この結果から、伊東さんが導き出した結論は次の内容なのでした。

オーバーに打ってこそ距離感が養われる!

  • 「入らない日は入らない 入る日はよく入る」はオーバーめに打ってのことだったんだ!
  • オーバーに打ってこそ距離感が養われる
  • たいていの人はオーバーを恐れてショートで満足する
  • 「オーバーしたパットも入らない」というけど これは確率の問題 届かないパットは確率はゼロだけどオーバーには入る確率がある
  • 1メートル強めに打て!これが俺の結論だ!

 

関連記事

好スコアが出る条件は?と聞かれたら、 ティーショットが曲がらず打てて飛距離もでる距離が短いなど簡単なコースで回る寄せが寄せられて、パターが入る大叩きするトラブルホールがない ということを思い浮かべる人は多いと思いますが[…]

自分自身の練習やラウンドを振り返ると・・・

私自身の最近のパッティングを振り返ってみました。

15歩以上のロングパットは大きくオーバーしている

私は歩測して、その歩数によって振り幅を決める打ち方です。15歩までは足の幅に対して、「この辺からこの辺まで」と基準がありますが、15歩を超えると自信がなくなってきます。

このため、とりあえず振り幅を大きめに設定して、後は緩まないよう強く打っているため、大体3-5歩分はオーバーしてしまい、その後は奥からショートして3パットというパターンが多いです。

15メートル以内のショートパットではジャストタッチに打っている

一方で15歩以内だと基準を持っているため、上り下りや雨を加味しますが、決めた幅で打っています。この結果、カップに対してほぼ距離通りとなるせいか、少しショートしてしまい、その後はショートしないように打とうとして、結局3パットになってしまいます。

このことから、オーバーに打ちたいのか、ジャストタッチに打ちたいのかが、混ざってしまい、一定のパターンで打てていないのが問題であるようでした。

決まったルーティンが無い・変えてしまう

通常のルーティンは3回素振りをして、構えますが、入らなくなってくると、悩んでしまうため、ラウンド後半では若干嫌になって、構えたら素振りは1回程度でさっさと打つことが多いです。

同じルーティンでできないことも、失敗をしっかり反省できない原因になっているかもしれません。

まとめ | 悩まず全ショットで少しオーバーするよう打ってみよう

こういったことから、打つ基準が混在して結果グダグダになってしまっているのが一因のようですので、まずはどのパットもオーバー目に打つことから始めてみようかと思います。

 

ホームコース中心のラウンド結果はこちらです。

https://megumirai.com/golf/score/

 

今週末のゴルフは、ホームコースの月例です。パターで発見があるようにしっかり取り組もうと思います。

 

Kindle Unlimited だと、『ゴルフは気持ち』全14巻を読み放題で読むことができます!

[affi id=32]

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。

関連記事

ゴルフで100切りする条件は?と聞かれたら、 ティーショット・アイアンがそこそこ打てるパーやバーディーを狙わないダブルパーや2桁になるような大叩きしない3パットしない ということを思い浮かべる人は多いと思いますが、果た[…]

ホームコース中心のラウンド結果はこちらから。

 

 

秋ゴルフの予約は埋まるのが早いですよ!トップシーズンは間も無くです。


ゴルフ保険未加入の方、思わぬ事故やホールインワンに備えましょう!こちらの商品は月払い対応!