今週はレディースティーが短いコースでラウンド

次回の一人予約で訪問するコース、レイクランドカントリークラブ。一人なので好きなティーで回れる!という事で、今回はレディースティーで回る予定です。

以前にどこのコースならば簡単でベストが出る可能性があるのか?を考えてみましたが、

関連記事

ゴルファーのみなさん、2020年ももう半年過ぎてしまいましたが、ベストスコアは更新できているでしょうか? 私は5月から、「ベストスコア更新プロジェクト」と銘打って、なんとか不調を脱出しようとしており、最近はクラブを変えた成果[…]

レイクランドカントリークラブであれば、レディースティーはAグリーン4800ヤード、Bグリーン4500ヤード台と、かなり短めの距離になっているようです。

この表はJGA/USGAハンディキャップ登録サイトで出てくる、レイクランドカントリークラブの情報です。このコースレーティングやスロープレーティングは、女子向けの数字ですので、男子だとレギュラーで70くらいになると思います。

レディースティーのコースレートは、Aグリーン4,800ヤードで67.3。Bグリーン4574ヤードで66.3。

ホームコースでやるときは、レギュラーが6,400ヤードで76.4、レディース5,800ヤードは73.1なので、確実に普段より優しいコースでできるようです!

目標スコアをどうするか悩む

さて、最近のラウンドでは、ホームコースのレギュラーで90台前半〜半ばで回れるわけなので、コースレート約67のレイクランドカントリークラブのレディースティーではぜひ85切りしたいところ。できたらベスト更新もしたいと期待してしまいます。

以前ベストを出したのはもう5年前?「83」で止まっているのでした・・・。

関連記事

松山英樹選手の日本人・アジア人初マスターズ優勝で盛り上がるゴルフ業界! これからゴルフを始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。 この記事では、ゴルフ歴15年の一般女子ゴルファーの私が、 女子ゴルファー[…]

コースレートの差とスコアの差が比例するのであれば、「82」で回るは決して無理な目標ではないと言えるでしょうか・・・?

2年前にラウンドした時のスコアと内容は?

そもそもレイクランドカントリークラブでは、2年前にラウンドしていました。

その時のスコアは「91」。マラソン練習のピークでほぼゴルフ練習はしていなかった割には良いスコアです。

その時の内容は、

  • パーオン率 11.1%。ミドルで2ホールのみ。
  • ボギーオン率 61.1% ミドル10ホール中9ホールと、ショート・ロングで1ホールずつの11ホール。
  • 30パット。1パット7回、3パット1回。1パット7回のうち、1回がバーディー、2回パー、それ以外4回はボギー以上
  • フェアウェイキープ14ホール中11ホール
  • バンカーは1ホールのみ。ショートでダボっているホール
  • トリプルボギー1つ、ダボ3つ、パー2つ、バーディー1つ、その他ボギー11
  • 1回OB。ショートホールにて!
  • ガーミンのGPSウォッチで当時のラウンド記録が残っていますが、ティーショットはドライバー120-150ヤード程度と、かなり飛距離は出ていませんでした。多分マラソン直前で軽量化を図っている・・・

というものでした。

最近のレギュラーティー・長いレディースティーでの一般女子的コースマネジメント

一方で、今年に入ってから主にホームコースでラウンドしていますが、レディースティーも長めだったり、月例や接待でレギュラーティーで回らないといけないことが多いため、マネジメントは一般の男性とは異なるものになっています。

大抵のミドルは300ヤード台なので、まずは2打で300ヤード運ぶ。ティーショットを確実に打てるフェアウェイにミスしないで運んで、セカンドはウッドでこれまたフェアウェイに運ぶだけ。

そして3打目を50-100ヤードアイアンで打ちます。上手くいけば3オン1パットのパーですが、グリーン周りの寄せよりも長いショットなので毎回は寄らないため、ボギーが取れればありがたい限りです。

バーディーは可能性は無いですが、男性の飛距離を基準に配置されているフェアウェイバンカーやガードバンカーには入らずプレーできます。パーオン狙いのゴルフよりはマネジメントは簡単・確実と言えるかもしれません。

なので、調子が良ければ3オンするので90台で回れますし、パターやアプローチが上手くなれば90も切れると思います。

しかし、ティーショットが絶不調で全く飛距離が出ない、セカンドショットが不調で入らないはずのハザードに入ってしまうと、ボギーオンに打数が加わっていくだけなので、簡単に100を超えてしまいます。

どうやったらスコアが縮まるかを考える(妄想)

さて、近頃そんなゴルフばかりしている中、今回は4000ヤード台のコースにて、前回2年前の「91」から、どうやったら9打縮められるのかを考えてみました。

前回は、ショット61、パット30です。パターに随分助けられています。毎回30パットは最近の傾向から難しそうなので、良くて35パット前後が現実的な気がします。

このため、82で回るならば、ショット48とパット34ということころでしょうか。ショットを13打も減らすのは果たして現実的なのでしょうか?!

先日短めのコースで80台で回れた時は、ショット51、パット38で89でした。ショットよりパットの方が問題そう?!

ハーフで考えると、24ショット。計算上は6回パーオンしなくて良いことになります。意外と気楽?!

そしてパターはハーフで17回。3パットしなければ、1パット1回だけでOK。これも意外とできそうな数字に見えてきました。3パットをしないことが優先事項なのがよく理解できます。

つまり、ハーフで言うと、3回パーオンして2パットのパーを取る。残りで1パットのパーを1回取る。それ以外はボギーオン2パットでボギーで良し。乗っちゃったらパーオン3パットでボギーでも良し。とにかくダボ以上にしない。。。

ということで、41以下で回れちゃう???ということになりました(笑)。

こんな私の妄想は、実際にコースを回ったらどうなるのか?!明日のレイクランドカントリークラブのラウンド結果が楽しみです。

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。

秋ゴルフの予約は埋まるのが早いですよ!トップシーズンは間も無くです。


ゴルフ保険未加入の方、思わぬ事故やホールインワンに備えましょう!こちらの商品は月払い対応!