【書籍感想】『アマゾンのすごい問題解決』会社を辞める前にできることがある

スポンサーリンク

『アマゾンのすごい問題解決』は、2019年に出版された本ですが、本書のベースとなっている著者佐藤将之さんがアマゾン ジャパンで働いていたのは、2000年から2016年。

その15年間は日本の失われた20年のまさに真っ只中であり、1997年にマイクロソフトがWindows95を販売した後に、スマートフォン・SNSの登場や台頭など、今やわれわれの生活の一部となっている、海外発信の多数のITサービスが成長・浸透していった期間でした。

この成長や変化が著しい中、著者がアマゾンで経験したことを踏まえた、日本でよくある33の解決できない問題に対するアマゾン流の問題解決方法を、変われない日本のビジネスパーソンのためにまとめている一冊です。

『アマゾンのすごい問題解決』はこんな本
  • タイトル:アマゾンのすごい問題解決
  • 著者:佐藤将之
  • 出版社 : 宝島社
  • 発売日 : 2019/4/3
  • 単行本 : 207ページ
created by Rinker
¥1,650(2021/06/22 23:49:39時点 楽天市場調べ-詳細)

『アマゾンのすごい問題解決』の著者 佐藤将之さんについて

アマゾン ジャパンの17番目の社員として、アマゾンの日本での立ち上げに参加し、15年間をアマゾンの社員として過ごしたという佐藤将之さん。アメリカの大学で経済学を学んだのちに、1994年にゲーム機メーカーセガで6年間働いたのちに、2000年にアマゾン ジャパンに入社されています。アマゾンを2016年に退職した後はコンサルタントとして活躍されています。

本書の他にも、「アマゾンのすごい会議」「アマゾンのスピード仕事術」などアマゾンでの体験をもとに複数の書籍を出版。アマゾンの経験をもとに活躍しています。

『アマゾンのすごい問題解決』のおすすめポイント3選

会社を停滞させるよくある問題への対処方法がわかる

「部下が育たないとボヤく上司は何から始めるべき?」「目標未達でもしかたがないという空気が蔓延する職場は?」等々、日本企業でよく聞く33の問題に対して、アマゾンではどうしているかが解説される構成となっています。

絶対に会社というところでは解決できないんだろう・・・と思われがちな内容についても、アマゾンではこうしている、という内容が示されており、目から鱗の内容も多いです。

改善活動の行動バイブルになる

やるべきことが具体的に書かれていることから、同じ問題に対して自分が対応するときに何度も見返したいものです。効果的に利用するためには、こういった本は読んだだけでは忘れてしまうため、手元に置いて年間を通して読み続けるべきものと思います。

会社が嫌で転職する前に改善活動をやってみる

会社で起こっている問題に対して、「この会社ではもう変えるのは無理」と思っている人、特に若手から中堅の人は多いと思います。

だからと言って単純に転職するだけでは、転職活動のアピールにはなりません。この状況を変えるために何をしたのか?、の実績を作っておくことは、たとえその会社をやめることとなっても、自分自身の実績として、転職面談時もその後の会社人生でもアピールすることができます。

『アマゾンのすごい問題解決』を読んで私的考察

私が最もショッキングで、頭に残っているのは、本筋とは別のこちらの文章です。

私は2016年に47歳でアマゾンを辞めましたが、辞めた理由の1つに「老害になりたくない」というものがありました。「この先アマゾンの求めるスピードやエネルギーについていけるか?」を冷静に考え、難しいと判断したのです。

「アマゾンのすごい問題解決」より抜粋

会社が成長するにつれてよりスピードやエネルギーが必要になるが、自分は体力が落ちていき、知識や経験だけでは補い切れないということでした。

40-50代前半の社員といえば、従来の会社組織の中では重要なポジションであり、会社にとってお荷物だなんてことは、中規模以上の日本企業では過去にはなかったと思います。しかし成長スピードが上がっている現代、若手のやる気ある社員に劣らない高いエネルギーを持ちキープしていけるのか?と聞かれると自信がないのは確かです。

現時点で、著者がアマゾンを退職したのと同じ年齢の私ですが、50代以上の社員に対して、少なからず「老害」だと思ってしまっていました。これは「仕事しないおじさん」だけではなく、その人が役職に付いているが故に現場の問題が伝わらない人の方が、より老害だと思っています。でも本書を読んで、自分自身が「老害」になっていないか、そうならないためにどういうキャリアを今後歩んでいくのかを、真剣に考えないといけないと思いました。

created by Rinker
¥1,650(2021/06/22 23:49:39時点 楽天市場調べ-詳細)

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。

読書に興味がある人はこちらもどうぞ!(YouTubeなどで紹介されている話題の書籍です)

決められない全ての人へ。書籍:最先端研究で導きだされた「考え過ぎない」人の考え方
『最先端研究で導きだされた「考え過ぎない」人の考え方』を読みました。大きな決断から日々の小さな判断まで、誰もに発生する決断をより早く、楽にするための、物事の考え方が最新研究事例付きでわかりやすく紹介されています。全ての人におすすめの一冊です。
【書籍感想】仕事の優先度を再考できた |『がんばらない働き方』ピョートル・フェリクス・グジバチ著
キャリアアップのために必要な業務は?時間を割くべきことは何?本書で紹介されているマトリックス化の考え方により、やるべきこと、やめる努力をすべきこと、人に任せるべきことをスッキリと整理できます。一読の価値がある一冊の紹介、どうぞご覧ください。
【書籍感想】『儲かる副業図鑑』|在宅勤務 何の副業を始めればよいか分からないサラリーマン人へ
10年前には言葉を聞くこともなかったですが、現在は空前の副業ブーム!今や国までが副業を勧める時代。2020年には一気に在宅勤務が広まりました。そんな中、自分に何の副業ができるのか分からないサラリーマンの方に「儲かる副業図鑑」を紹介します!
【書籍感想】DaiGo推薦 鈴木祐 科学的な適職 職業を見直したい時に役に立つ一冊
鈴木祐さんの「科学的な適職」を読みました。有用なビジネス本だと思いますので、おすすめポイントや考えた事などをまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました