【書籍感想】科学的な適職 職業を見直したい時に役に立つ一冊

鈴木祐さんの「科学的な適職を読みました。

2020年4月に中田さんのYouTubeで紹介されていたのをきっかけにしりました。

有用なビジネス本だと思いますので、おすすめポイントや考えた事などをまとめます。

【科学的な適職①】Withコロナ時代の職業の選び方

科学的な適職の紹介

著者

サイエンスライター鈴木祐さん。1976年生まれ、慶應大学SFC出身。

素敵なブログサイト「パレオな男」を運営されている。

ご本人のTwitterのプロフ写真に猫ちゃんと写っているのが好感度大(笑)

内容

多数の研究データから、戦略的なテクニックだけを抜き出し、バラバラの知見を大きな流れにまとめて、5つのステップとして体系化。

5つのステップの頭文字を取って「AWAKE」と呼んでいる。

ステップ1 幻想から目覚める(Access the truth)

ステップ2 未来を広げる(Widen your future)

ステップ3 悪を取り除く(Avoid evil)

ステップ4 歪みに気づく(Keep human bias out)

ステップ5 やりがいを再構築する(Engage in your work)

ステップを順に追うことで、真に幸福な仕事へ目覚められるようになる。

科学的な適職おすすめポイント

科学的な適職おすすめポイント①ストーリーが一貫していて分かりやすい

5つのステップ「AWAKE」の中で、仕事選びにおける7つの大罪、仕事の幸福度を決める7つの徳目、職場の8大悪ワースト・ランキングを説明している。

ステップを分けて段階的に説明しているが、要はこれらの大罪、徳目は裏返しで同じことを言っている

科学的な適職おすすめポイント②科学的根拠に裏付けられた理論

「4021の研究データが導き出す」とタイトルにある通り、根拠に裏付けられた内容。参考文献はぎっしりと細かい文字で6ページに渡り書かれている。

直感や根拠のない論理で仕事の選び方を語っていない。

科学的な適職おすすめポイント③具体的な分析手法、技法を多数紹介

少しアカデミックでお勉強的ではあるけれど、あまり一般的ではない分析方法が丁寧に解説されている。

書籍の最後には、「読者特典」として、イニシャルリスト、プロコン分析、マトリックス分析、ヒエラルキー分析、イリイスト転職ノート、アクション・プランの実践ができる素材が提供されていて、かなり有難い。

科学的な適職を読むべき人

どちらかというと、若い人向けの本だと思いました。

  • 仕事が自分に合っているのかどうか疑問を持っている人
  • 職業選択に迫られている大学生・高校生
  • 転職したいと思っている人
  • 仕事に疲れている人
  • 職場の離職率を下げたい人

私の感想

この本を読むまでは、なんとなく「楽な仕事よりも、多少大変でもやりがいがある仕事の方が楽しい」「会社に仲間がいることは大事」「ワークバランスは大事」くらいに考えていたが、それが科学的データに基づいていることがよく分かり、「7つの大罪」「7つの徳目」ですっきり書かれていて頭が整理された。

書籍にあるこれらのトピックは特に頭に残った。

  • 収入アップよりも結婚や健康の方が幸福感を感じる
  • 年収400ー500万円からの幸福度アップはコスパが低い
  • 仕事の満足には適度なストレスが必要
  • プロジェクトの川上から川下まで体験することによる貢献感
  • 人のためにすることによる満足感

自分の場合は、今の職業は辞めたいなどは特に思っていないのだが、チームマネジメントやプロジェクトメンバーの要員集めで人を誘う時に説得材料として、裏付けとして使えそうなのが良かった。

既にあるのかは分かりませんが、この書籍の内容が子供向けに分かりやすくなっていると、小中学生のうちから職業を考えるのに良いと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました