ゴルフ後半ハーフのスコア崩れ対策

スポンサーリンク

ゴルフのラウンドでは、前半よりも後半の方がスコアが悪い、後半の終盤、特に上がり3ホールでスコアを崩してしまう人は多いのではないでしょうか?

今回は、後半にスコアを崩さないように対策を洗い出してみました。

意外と全部纏まって書いてあるところはありませんので、ぜひチェックリストして活用してください!

ゴルフ ラウンド後半にスコアを崩さない対策 | ラウンド前日の対策

1. 前日練習しすぎない

下半身を使いすぎないこと。前日は大抵練習してしまうので、当てはまっている。

2. 前日は早起きして早く寝る

前日の朝の起床時間は、翌日のゴルフの朝の起床時間にできるだけ合わせて起きましょう。そうしないと、夜早寝しようとしてもなかなか寝付けません。

パフォーマンスを発揮するには、十分な睡眠が必要なのはいうまでもありません。寝る3時間前に夕食。アルコールはできるだけ我慢。2時間前に入浴して、気持ちよる寝入るようにしましょう。

3. 前日の食事は炭水化物を少し多めに

最近は糖質制限と言って、ご飯を少なめにしている人が多いですが、長い時間動き続けるので、炭水化物は少し多めにとり、プチカーボローディングするのも重要です。

4. 荷物の準備はしっかりやっておく

当たり前だが、荷物、ウェアは全部用意しておく。

ラウンド当日の対策

5. 当日の食事

ラウンド開始の3時間前に食べましょう。これから運動するので、腹持ちするおにぎりなどの炭水化物や、オレンジジュースでビタミンCの摂取が重要です。

昼食も基本は同じように、炭水化物を腹八分目摂取。脂もの、アルコールは避けましょう。

6. ラウンド中の補給

糖分の吸収が早い食べ物なら和菓子。エナジージェル。チョコレート。

疲労対策のためのクエン酸を少しずつ。

水分はホール毎、ショット毎に少しずつ補給する。

ゴルフ ラウンド後半にスコアを崩さない対策 | コースマネジメント・ショットの対策

7. ペース配分

最初からマン振りしない。40:60くらいの力感で。ゴルフもネガティブスプリット。

ドライバーの最大飛距離を前半で求めない。

8. 飛距離は落ちるので1クラブ上げる

後半は 10ヤード落ちる前提で考える。

9. ドライバーは左に行く

身体が止まって手で振り始めるので、左に行く。右を狙い体もしっかり回す。

10. セカンド以降は右に行く

手が開いているのかもしれない。1クラブ上げて左を狙う。

11. アプローチは左に行く

身体が止まっているので、頑張って回す。

12. パターは距離感が合わない

力が入りすぎる。早めに動いて読む時間をとる。悩まずに打つ。

ゴルフ ラウンド後半にスコアを崩さない対策 | 体力・筋力強化対策

13. 下半身強化

スクワットを定期的にやる。ただしラウンド前は疲労が抜けるようにする。

14. スタミナ強化

定常的にランニングする。ゴルフで歩く約6kmくらいは当たり前にジョギングしておく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました