試合でベストスコアを出せる?練習ラウンドとの違いは何?

本日、人生4つ目の外部競技ラウンド、女子向けの企業対抗ゴルフのラウンドです。

紫カントリーあやめコースでのラウンドでした。

ラウンド結果

今回のスコアです。練習ラウンドではよかったのですが、全く同じように出来ませんでした・・・残念。

 

練習ラウンドはこちらです。

関連記事

今回は、別の企業向けの試合の練習ラウンドです。お初の大会、お初のコース。 大会は、女子向けの企業対抗ラウンドで、コースは紫カントリーあやめコース。 紫カントリーといえば、すみれコースの方は、日本女子オープンが行われる高級[…]

ラウンド反省内容

スタートから2ホールは全然悪く無かったです。

1ホール目のティーショットは真っ直ぐで飛距離も平均は出て、セカンドはあわやパーオンというところ。そこからアプローチは慎重になりすぎてショートでしたが、ボギースタートなので問題無し。

2ホール目のショートは力みがありパーオンしなかったですが、それでも、ボギーなので想定範囲内。

しかし、、、3ホール目、4ホール目は悪かった。

3ホール目は左にほぼ90度曲がるドッグレッグ。ティーショットで欲張り左の林に入れた後で、出すだけ、進めるだけ、4オン失敗で5オンの2パットとなりトリプルボギー。

まぁ1つくらいトリプルは来るだろう・・・と気を取り直したはずですが、、、

4ホール目ショートは5Wの距離。ここも力みすぎてヘッドが返らなかったようで、右プッシュで林へ。出すだけを繰り返して4オン2パットでまたもトリプル。花道が広いホールで本当に頭が悪かったです。

基本的にはボギーで抑えているので全く悪くはないのですが、トリプルが3つきているのに、パーやバーディーがないということで、前半は50オーバーとなってしまいました。

そして後半ラウンド。11ホール目のトリプルをまたやらかします。ここは、ティーショット・セカンド共に距離もでてナイスショットで残り50ヤードくらい。ここからアプローチミスで3回も要して、5オン2パットのトリプル。3打目を上手く打とうとしすぎた結果だと思います。

がっかりな状況で、12ホール目でもティーショットを左に曲げて出すだけ、3打目でグリーン手前で、またダボかなと思っていたら、綺麗に打てたアプローチがチップイン。このショットは、同伴者の元大学ゴルフ部女子にも、「きれいな球筋だった」と褒めてもらいやっとパーが来ました。

14ホール目はまた欲張ったティーショットが左サイドの植え込みへ。明らかに打てない状況だったため、アンプレアブル。その後は上手くいきダボで済みました。

15ホール目はロングホール。3回ナイスショットできてパーオンできた。バーディートライで入らないかと思ったけれど惜しくも外れてパー。

後半はここまでで、7オーバー。残り3ホールは、ショート、ミドル、ショートです。せめて残りは1オーバーで、後半を8オーバー44で回りたい!と思ってしまいました。

16ホール目ショートも花道が広いのに、ピン側を狙いバンカーへ。出すだけ、乗せるだけ、2パットでダボ。

17ホール目ミドルは、3回で乗せたけれど、今日初の3パット。ファーストパットが短すぎました。

18ホール目ショートは、ようやくここで、ボギーでも良いかとなり、ボギーで上がりました。

ということで、後半は12オーバーの48でした。

そういうわけで、練習ラウンドの時よりも9打も多い結果となってしまいました。

試合の時は何が違うの?なぜスコアが出ない?

今回の反省点は、

上手く打とうとしすぎた。特にティーショット、ショートホール、グリーンを狙う3打目で。というところだった。

コース自体の難易度は決して高くない平坦でハザードも多くないコースなこともあり、練習の時はほぼ完全リラックスで良い結果になったと思う。

関連記事

今回は、別の企業向けの試合の練習ラウンドです。お初の大会、お初のコース。 大会は、女子向けの企業対抗ラウンドで、コースは紫カントリーあやめコース。 紫カントリーといえば、すみれコースの方は、日本女子オープンが行われる高級[…]

しかし試合本番では、

  • いい結果を残したい
  • ここをピンに寄せたい
  • このパットを絶対入れたい
  • ティーショットを失敗したくない

そんな思いが今回強かったです。

ここ最近のラウンドで、リラックスして同伴者と和気藹々できている時は、スコアが良いと感じていました。

関連記事

今回は、山梨のシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部で、宿泊ラウンドです。 こちらは、日本シニアオープンが開催されたことがある、しっかりしたチャンピオンコース。 しかもシャトレーゼ系列ということで、ランチタイムはスイーツ食[…]

なので、この日の同伴者の初対面の他の会社の方とは、かなり有効的に接していて、相手も友好的で組の雰囲気としてはよかったです。

しかしそうだったとしても、良い結果を求めすぎるのも、自分のスイングや身体を固くしてしまうということも分かりました。

確かに前回のラウンドの後半の終盤も、スコアを数えて残り簡単なホールを上手く上がりたいと思いすぎてしまっていたので、同じような状況だったのかもしれません。

次のラウンドは今週末のエンジョイコンペです。次のラウンドの目標は、

  • 同伴者とは和気藹々の良い雰囲気で回る
  • スコアを数えずに目の前のプレーをボギー以下で上がるようにプレーする。パーやバーディーを望まない

ということを目標に、プレーしてみたいと思います。

 

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。

シーズンが開始しました。ラウンドは早めの予約がお得!


ゴルフ保険未加入の方、思わぬ事故やホールインワンに備えましょう!こちらの商品は月払い対応!