2021年11月更新 一般女子のハンディキャップ

2020年10月からJGA/USGAハンディキャップを取得しています。最初は楽天GORAのサービスで、2021年3月からはホームコースに切り替えを行いました。

いつかシングルプレーヤーを目指して!!!ハンディキャップの成長履歴を掲載しています。

今月もハンディキャップが更新されました!

11月1日更新ハンディキャップ 大叩きしていたけれど・・・

10月は7ラウンドしましたが、2回はレディースティーのコースレートが無いハンデ計算対象外コースだったため、5ラウンドの登録でした。

10月は前半までは好調を維持していましたが、スイングやグリップを見直し出した後半からはものすごく悪くなっています。

さてこんな絶不調の中ですが、今月更新された最新のハンディキャップは、、、、

 

 

 

 

16.9(▲0.6)

でした!

減るとは想定外!!!笑

毎月の履歴はこちらの通りです。

2021年2月以降はこんな状態です。

  • 2月にホームコースでのラウンドが増えて、苦手コースで徐々にハンデ増
  • 6月ドライバー以外のクラブを買い替え
  • 7月中旬 スコアがまとまりだす
  • 8月は好スコア
  • 9月 調子を継続できず停滞
  • 10月 前半は少し復活、後半はグリップとスイング改善で超絶悪化

10月はじめの2ラウンドはなんとかスコアをまとめられた結果、最新20ラウンドのベストスコア10ラウンドの平均が上がったため、今月はハンデ減ということになりました。

考察 スコアが20違っても実は結果は同じだった!

さて、10月に調子が悪化してから一喜一憂していましたが、実は毎回ほぼ同様に悪いだけである、ということを再認識しました。

ハンディキャップ計算のもととなっているこちらの「Diff」(ハンディキャップディファレンシャル)は、「Slope」(スロープレーティング)や「CR」(コースレーティング)から計算されていますが、

易しいコースで「108」を叩いたときが「38.3」

難しいホームコースで「124」を叩いたときが「39.0」

ということで、大きく悪化しているわけではありません。

それなのに「124」を叩いた後は結構落ち込んでいましたが、冷静に結果を見るとそんな必要は無かったのですね。

あらためて、結果の数字に一喜一憂したり、ホームコースでは爆発的に良いスコアを目指すのではなく、自分にできるプレーをして少しずつスコアを減らしていこうと思いました。

 

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました!

最新ラウンド結果はこちらから!

関連記事

先日はホームコースで月例競技のラウンドでした。 今回は年齢クラス別ということで、65歳以下のBクラス、女子はレギュラーティー6,300ヤードからのラウンドでした。 [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

まさに今トップシーズン!年末年始の予約もお早めに!


ゴルフ保険未加入の方、思わぬ事故やホールインワンに備えましょう!こちらの商品は月払い対応!