Garmin Approach ガーミンアプローチR10 おすすめレビュー動画 改善すべき点の情報ゲット!

スポンサーリンク

<2021/7/23追加>Approach R10の精度やセットアップ方法についての追加情報です。

アプローチR10の次の詳細情報はいつ出るのでしょうか?日本での発売はいつ?!

先日発表された、衝撃価格のゴルフ弾道測定器、Garmin Approach R10の次の情報を首を長くして待っている今日この頃です。

まだ製品情報をご覧になっていない方は、こちらからどうぞ!

新しい情報を探してYouTubeを見ていたら、R10を実際に使って、欠点も含めとても分かりやすく説明している動画を見つけましたので本日はその紹介です。

ゴルフ愛溢れる熱いコメントが好印象!BLOWN AWAY! – Garmin Approach R10 Golf Simulator Review(日本語字幕あり)

Lets Play Thruという海外の動画です。日本語字幕は完璧ではありませんが、内容を理解するには十分なものが表示されます。

実際にR10を利用したレビュー動画となっているため、内容が充実しています。単なる機能紹介だけではなく、実際に使い込まないと分からないポイントまで紹介されていました。

R10レビュー動画 BLOWN AWAY!のおすすめポイント

こちらの動画のおすすめポイントは以下の通りです。単なる機能紹介以上の情報を見ることができました。

  • R10の組み立ての様子が分かる
  • バーチャルゴルフのコース選択画面を見られる
  • スイングの自動録画の様子が見られる
  • 現在の欠点・改善すべき点も丁寧に説明している

というものです。

Garmin Approach ガーミンアプローチR10の欠点・改善点はこちら

改善すべき点についても、動画でわかりやすく説明してくれていました。全てファームウェアの改善で修正されることを期待です。

説明してくれている方は、この人がゴルフが好きで相当ゴルフをやっている方のコメントだな・・・と思いました。(プロゴルファーやトップアマの方でしたらすみません・・ですね😅)

バッテリー残量を示すインジケーターがデバイス上に無い

10時間以上バッテリーが持つので問題は起きにくいが、何日か充電できなかった時に、アプリ内でしか充電残量を見られないため、本体のLEDやフラッシュなどで分かるようにしてほしい。ということを説明していました。

ワッグルをしたときにショットを認識しないことがある

ドライビングレンジでは発生しないが、裏庭やリビングで使うときに発生する減少。打つときに、R10に振り返って緑のライトがOKだと確認しないといけないとなると、ゴルファーはスイングするときに各自のリズムがあるから、スイングが狂ってしまうだろう。ということを説明していました。

パッティングはできない

完璧なシュミレータゴルフを求めている場合は欠点かも。グリーンにボールが乗ったら、次のホールに行くようになっている。ショットやアプローチを練習したい自分などにとっては全く問題ない。と説明していました。

Garmin Approach ガーミンアプローチR10のレビュー動画 BLOWN AWAY !

実際の動画はこちらです。YouTubeで見ることができますよ。

GarminのYouTube動画2選

Garmin本家の動画もご紹介しておきます。スイングを録画し分析する場面から、具体的になんの数値を分析できるのかを見ることができます。

こちらもGarminの動画です。1:17からR10をどの場所に設置するかを示す様子を見ることができます。

ここまでお読みくださり、どうもありがとうございました。

まだ製品情報をご覧になっていない方は、こちらからどうぞ!

Approach R10の精度やセットアップ方法についての追加情報です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました